MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典さ行 > しん

新体詩
【しんたいし】

明治時代の文語の詩。井上哲次郎(いのうえてつじろう)の造語で、詩(漢詩)・歌(和歌)と区別するため命名。明治十五年(一八八二)刊の「新体詩抄」を最初とし、訳詩集「於母影(おもかげ)」などで世に広まった。代表的な詩人に、北村透谷(きたむらとうこく)・中西梅花(なかにしばいか)・島崎藤村(しまざきとうそん)・土井晩翠(つちいばんすい)・与謝野鉄幹(よさのてつかん)・蒲原有明(かんばらありあけ)・北原白秋(きたはらはくしゆう)・三木露風(みきろふう)らがいる。大正以後は「詩」「新詩」「近代詩」などと呼れた。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705127510


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  差し替える・差し換える  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト