MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典あ行 > いろ


【いろ】

【1】目に見える物が持つ属性の一つで、物に当たって反射した光線に対して人の目が感覚としてとらえたもの。赤・黄・青・緑・紫などの色彩。「花の―」【2】【1】のうち、ある特定のもの。【ア】人の肌の色。「―が黒い」【イ】人の顔の色。および、その顔色にもとづく感じ。「―に出る(=感情が表情に現れる)」「―を失う(=驚きや恐れで顔色が青ざめる)」【3】さまざまに分類される種類。「十人十―」「―とりどり」【4】外から見て、何かの感じを与えるもの。「敗戦の―が濃い」「音(ね)―」「秋の―」【5】色情に関すること。【ア】色情。情事。「―に迷う」「―を好む」【イ】恋愛の対象の人。情人。{参考}【1】で色彩のあるものだけを「色」という場合には、「白」「黒」を「色」に含めないことがある。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 704883120


【辞典内Top3】 代わり・替わり  案分・按分  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト