MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogosJLogos > 登録語

潜在自然植生
【せんざいしぜんしょくせい】

1956年にドイツ国立植生図研究所所長のラインホルト・チュクセン教授によって発表された概念。土地本来の植生を意味し、人間の干渉がなくなると仮定したときに、その土地が支え得る植生のことを指す。土地ごとに本来あるべき樹木を見出し、その主木群を植樹することで強い森を再生しようとする理論。「植樹の神様」と呼ばれる宮脇昭氏によって、その理論が実践の場に持ち出された。逆に現在ある植生のことを「現存植生」と言う。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 5630174


【辞典内Top3】 赤心慶福  ガラ・パーティー  末席を汚す  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト