MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

胆管
【たんかん】

肝臓から十二指腸までの胆汁(肝臓でつくられた消化液)の通り道のこと。肝臓の中から網状の毛細胆管が幹に向かって集まるように徐々に合流して太くなり、肝臓の外で左と右の胆管が合流して1本の総肝管となる。さらに胆嚢に続く胆嚢管と合流して総胆管となって、十二指腸乳頭に開いている。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665625


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  弔祭料  キーデバイス  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト