MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

くも膜下出血
【くもまくかしゅっけつ】

くも膜下出血

頭部外傷で起こる外傷性くも膜下出血もあるが、一般にくも膜下出血といった場合、外傷が原因でない、特発性ものをさす。
くも膜下出血とは、脳の表面をおおう3層の膜のひとつである「くも膜」の下に出血がある状態をいい、命にかかわる危険が高い病気。ほとんどは脳の血管のふくらみである「脳動脈瘤」の破裂による出血が原因である
症状としては、「今までに経験したことのないような」、「バットで殴られたような」といった激しい頭痛を感じる
出血の程度により症状の現れ方に違いがあるが、重傷の場合には意識障害や呼吸障害、激しい嘔吐、意識を失い昏睡から目覚めずに死亡することもある。

診断は、症状で判断し、くも膜下出血が疑われる場合は、CTスキャンの検査を行う。出血が少なかったり発症してから時間がたっているために、CTでも出血がわからない場合は、MRIを行う。
MRIでもあきらかな出血がみられない場合は、腰から注射をして脳脊髄液をとりだし、血液がまじっているか確かめる場合もある。

脳動脈瘤ができる原因はわかっていないが、高血圧と喫煙習慣によるリスクがあるといわれている。また最近の調査、研究で血圧の乱れや急な頭痛といった、前兆ともいえるいくつかの症状があることが分かってきている。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665001


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト