MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

長嶋茂雄
【ながしましげお】

長嶋茂雄

 日本の元プロ野球選手、監督。読売巨人軍専務取締役、終身名誉監督。1936年2月20日生まれ。千葉県出身。
 千葉・佐倉一高時代は甲子園出場はならなかったが、立教大進学後は東京六大学リーグを代表するスター選手として頭角を現し、4年間で通算8本塁打と最多記録(1957年当時)をマークした。
 58年、巨人入り。デビュー戦は国鉄・金田正一投手の前に4三振を喫したが、本塁打、打点の二冠で新人王を獲得。以後、4番打者として巨人を引っ張り、天覧試合でのサヨナラ本塁打や王貞治との「ONコンビ」で9連覇の原動力となるなど数々の伝説を生み出した。
 「ミスタージャイアンツ」、「ミスタープロ野球」の愛称で親しまれ、プロ野球が国民的娯楽に発展する象徴的存在となった。通算成績は2186試合出場、打率 3割5厘、2471安打、444本塁打、1522打点。MVP 5回、首位打者6回、本塁打王2回などタイトル多数。背番号「3」は永久欠番

 引退直後から巨人軍監督を務めたが、就任1年目の75年は球団史上初の最下位。しかし76、77年はセ・リーグを連覇した。その後は成績不振が続き、80年に辞任。野球解説者を務め12年間、現場を離れたが、93年、監督に復帰した。
 94年は中日とのシーズン最終戦で優勝を決める伝説の「10.8」決戦を制し、日本シリーズで宿敵西武を破って監督として初の日本一。勇退する2001年まで3度のリーグ優勝、2度の日本一を遂げた。
 監督としては通算1034勝889敗59分。その後、日本代表監督に就任し、03年のアジア選手権でアテネ五輪出場を決めたが、翌春、脳梗塞で倒れ、以後は闘病生活を送った。回復に向かった近年は公の場にしばしば登場している。05年に文化功労者受賞。13年4月、愛弟子である松井秀喜氏とともに、国民栄誉賞受賞が決まった。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12664908


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト