MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos社会 > 行政・仕組み

核燃料税
【かくねんりょうぜい】

原子力発電所を立地する自治体が、電気事業者に対して地方税として課税しているもの。法定外普通税として、道県が条例を交付して施行する(総務大臣に協議し、その同意を得ることが必要)もので、発電用原子炉に挿入された原子燃料の価格等を課税基準とし、その原子炉の設置者に課せられるもの。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12663403


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト