MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

徒手空拳
【としゅくうけん】

[意味]
手に何も持っていないこと。転じて、頼るべきもの一つない我が身一つの状態のこと。「としゅくうけん」と読む。

[用法]
「資金的にも人材的に恵まれたAさんの事業が破綻し、方や徒手空拳ではじめたBさんの事業がここまで大きくなるなんてビジネスはわからないものだ」。「与党第一党が後援するベテラン候補者に対して、無所属徒手空拳の戦いを挑んだ若手候補Cさんは、改革を望む無党派層の支持を得て、見事当選を果たした」。

[蛇足]
「徒手」・「空拳」いずれも、手に何も持っていないという意味。何も持っていないのだからネガティブな使われ方をしそうな言葉だが、むしろ逆に、我が身一つで困難に打ち勝つというポジティブな文脈で使われることが多い。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660646


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト