MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

ペンティアムD
【ぺんてぃあむ・でぃー】

Pentium D

インテルが2005年5月に発売した新型CPU。先代となるペンティアム4プロセッサ(のコア)を二つ搭載したデュアルコアCPUである点が最大の特徴で、同社が1971年に世界初のCPU「Intel 4004」を開発して以来続いたシングルコアCPUの歴史は、ここで大きな転換点を迎えたことになる。

このペンティアムD発売を受け、パソコンメーカーでは、ソニーが6月発売の夏モデル「VAIO type R」にペンティアムDを搭載したのをはじめ、DELL、日本HPなど各社が同CPUを搭載したフラッグシップモデルの販売を開始した。このままいけば、2005年中にデュアルコアCPUを搭載したパソコンが主流となっていくはずだ。

デュアルコアCPUは複数のプログラムを同時に走らせる並列処理に強く、例えばテレビ番組を録画しながらゲームで遊ぶといった処理をよりスムーズに行うことができるとされている。ただし、どの程度早くなるかは、メモリ(RAM)の容量などCPU以外のパーツスペックにもよるし、プログラム(アプリケーションソフト)自体がデュアルコアCPUに対応しているか否かによっても異なってくる。必ずしもデュアルコアだから倍早くなる」とは限らないので注意が必要だ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660107


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト