MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

教科書クイズ理科 > 小5

Q:かみなりが鳴り、大量の雨がふることが多いのは、どの雲が見られるときですか。

【4択】積らん雲/すじ雲/うろこ雲/ひつじ雲

【問題】
小5理科

【正解】
積らん雲

【解説】
積らん雲は、別名でかみなり雲や入道(にゅうどう)雲ともいわれ、夏の晴れた暑い日にできることが多いです。




東京書籍 (著:教科書)
「教科書クイズ」
JLogosID : 8606353

【お隣キーワード】Q:実験などで、液体の体積を正確に量るためにつかわれる細長い円とう形の容器は、何ですか。  Q:インゲンマメの種子にでんぷんがふくまれているのを調べるのに(  )を使います。(  )に入る言葉は、次のどれでしょう。  Q:(  )雲が見られると、雲の下ではかみなりが鳴り、短時間に大量の雨がふることが多いです。(  )に入る言葉は、次のどれでしょう  Q:発芽する前の種子にふくまれている主な成分は、何ですか。  
【辞典内Top3】 Q:アメリカの国土の面積は日本のおよそ何倍ですか。  Q:卵子と精子が結びつくことを何といいますか。  Q:「思案がつかぬ」の意味は、何ですか。  

この辞典の個別アプリ

教科書クイズ
「学校で習ったこと」どこまで覚えていますか?教科書クイズは、教科書に掲載されている内容を、クイズで楽しむアプリケーションです。小学校、中学校の教科書に掲載されている内容で作られたクイズなので、大人も子どもも、誰もが楽しめます。JLogosではその中から問題をQA形式で掲載しています。

東京書籍・教科書クイズ

【中1社会】
Q:「ふなずし」はどの都道府県の郷土料理でしょう。



→次の問題へ

関連書籍

 東京書籍「教科書クイズ」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト