MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集1章「トルシエと2002年の記憶」 >

フィリップ・トルシエ

1955年3月21日、フランスのパリ生まれ。1998年9月から2002年6月まで日本代表監督を務めた。プロ選手としてのキャリアは長くはなかったが、20代の後半にコーチ資格を取得して指導者となり、1989年からコートジボワール、南アフリカ、モロッコ、ナイジェリア、ブルキナファソなどアフリカ諸国で監督を務め、1998年には南アフリカ代表監督としてワールドカップに出場。日本ではメディアや協会首脳との対立を乗り越えて4年間指導に当たり、地元開催の2002年ワールドカップでは日本をベスト16に導いた。離日後、カタール代表、オリンピック・マルセイユ(フランス)、モロッコ代表の監督を歴任、2008年にはFC琉球(JFL所属)の総監督に就任した。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548001


【辞典内Top3】 はじめに  トータルフットボール  大住良之  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト