MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

葬式②
【東京雑学研究会編】

§葬式のとき、山盛りのご飯にお箸を立てるのはなぜ?

亡くなった人の枕元には、ご飯を茶碗に山盛りにし、そこにお箸を突き立てたものを置く。これは、仏教で「枕飯」または「一膳飯」といい、死者だけに供えられる習慣である
ご飯を高々と盛り上げ、そこにお箸を突き立てるのは、ふだんの食事では決して見られない光景である
子どもの頃、ご飯にお箸を突っ込んだまま放っておいたすると、年配の人に「それは死んだ人のご飯よ」「縁起でもない、行儀が悪い」と叱られた記憶はないだろうか。
この習慣は、死者は息を引き取ると、すぐに善光寺などの霊山参りに出かけるので、道中の弁当として持たせてやるためだといわれている。
また、ご飯の魅力で、死者を呼び戻したいという気持ちの現れだという説もある。
ほかにも、ご飯を高々と盛り上げるのは、昔の身分の高い人の日常の食事の盛りつけであり、死者のためにそれを模したという説もある。
いずれの理由にせよ、人が亡くなったら、ぐずぐずしていないで、ただちに用意しなくてはならない
宗派や地方によって、さまざまなやり方があり、浄土真宗では不要とされているが、そのほかの宗派では、小机に白い布を敷き、死者がふだん使っていた愛用の茶碗にご飯を高々と盛り上げ、そこにお箸を二本、垂直に突き立てるのが一般的である
残された者の食事とは別に、玄米を死者の分だけ取り分け、家の外にあるかまどで炊くのが正式とされている。
お箸を突き立てるのも、これは死者のためだけの食物であり、残された者が食べたりしないようにとの意味だという。
野辺送りの際は、葬式を執り行う施主の妻がこれを持って棺に従い、棺とともに埋めることもある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670546

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト