MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

水星
【東京雑学研究会編】

§水星では一年よりも一日の方が長い!?

水星は別名マーキュリーと呼ばれている。これはローマ神話における神のメッセンジャーの名前。マーキュリーは翼のついたサンダルを履いて、目にもとまらぬスピードで走り回っていたと言われている。
水星にこの名がついたのは、太陽系の惑星の中で最も速く公転する星だからである。水星は太陽に最も近いので、その公転周期は約八八日。地球は三六五日で公転しているわけだから、水星は地球の約四分の一の日数で太陽の周りを一周していることになる。
ところが、公転周期が短いわりに、水星の自転速度はかなり遅い。地球の自転は二三時間五六分。日の出から次の日の日の出までが一日だから、その一日が二四時間とされているのは、地球が自転している間も公転を続けているので、それによって太陽の位置がずれるためである
では水星はというと、なんと一回自転するのに約五九日もかかるのである。実にゆっくりしたペースで回っているわけで、少なくとも自転に関しては、マーキュリーという素早い神様の名前はそぐわないということになる。
この自転の遅さと、公転周期の短さのおかげで、水星の一日と一年の関係は、とても不思議な状態になっている。どのように不思議かといえば、ある地点で太陽が真南に輝いていたとして、次に太陽が真南の位置に来るまでが、地球でいう一日である。地球の場合は、その時間が二四時間なのだが、水星の場合は一七六日もかかってしまうのだ。つまり、水星の一日は一七六日ということになる。水星の公転周期は約八八日だから、これが一年。つまり、水星は一日の間に二年が経過してしまうのである
昼間が地球でいうところの八八日間もの長い間続き、また八八日間の長い夜が続く水星。なんとものんびりした星だが、やっと次の日が来たと思ったら、なんと二年も経過しているわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670493

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト