MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

ゴキブリ
【東京雑学研究会編】

§ゴキブリはなぜ世界中に広がったのか?

どこにでも出没しては、女性に悲鳴を上げさせている昆虫がゴキブリである。衛生上の理由はもちろん、その脂ぎった姿や素早い動き、殺虫剤をものともしないしぶとさなども、嫌われる要因であろう。
しぶといのも当たり前で、ゴキブリは、はるか太古の昔から、現在とほとんど変わりのない姿で繁栄していた生物である。約三億年前の古生代石炭紀の化石には、ゴキブリがやたらとたくさん含まれており、石炭紀を「ゴキブリの世紀」と呼ぶ人もいるほどだ。石炭紀は温暖な時代であり、高温多湿を好むゴキブリにとって、繁殖しやすい環境だったと考えられる
ところでゴキブリは本来熱帯に生息する昆虫であるゴキブリには多くの種類がいるが、そのほとんどは現在でも森林の落ち葉の下などで、目立たないまま生息しているにすぎない。
しかし、数種のゴキブリは、温帯である日本や欧米をはじめ、ほとんど世界中に分布し、人間と同居している。実はこれ、人間が手助けしてしまった結果なのである
もちろん、太古から生きてきた生命力の強い昆虫であるから、陸路を歩いて、長い時間をかけて移動したゴキブリもいただろう。しかし、ゴキブリが飛躍的に勢力を広げたのは、一六世紀の大航海時代のことだった。
この時代、ヨーロッパ人は七つの海を越えて、世界中に進出した。立ち寄る港町では、大量の荷物の積み降ろしをするが、このとき、ゴキブリも船の荷物に紛れて乗船したのだ。そして、海を渡っては、人間とともにまた別の土地に上陸し、港町から内陸へと広がっていったと考えられる
大人数が移動する戦争も、ゴキブリにとってはチャンスである。一八世紀の七年戦争、二〇世紀の太平洋戦争の後も、ゴキブリは勢力範囲を広げている。
しかも、人間の住宅事情がよくなり、四季を通じて暖かい空間がふんだんにある現代は、ゴキブリにとっても、まことに暮らしやすい時代である。昨今では、飛行機の荷物に紛れて、空を飛ぶゴキブリも珍しくない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670331

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト