MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

強姦
【東京雑学研究会編】

§夫婦の間でも強姦罪は成立するのか?

結論からいえばこれは成立する。アメリカでは一九七五年に実際に夫婦レイプ裁判において、夫に有罪判決がくだっているのだ。もちろん、日本でもその類の裁判例が実際に存在している。
そもそも強姦罪とは「被害者の抵抗をいちじるしく困難にする程度の暴行・脅迫という手段を使って女子を姦淫した」こととなっている。妻も女子であるから、それが証明されれば、法律上強姦罪は成立することとなるのだ。
ただし、どんなに夫婦仲が悪かったとしても、同居している夫婦の場合は、抵抗がいちじるしく困難だったという暴行・脅迫の証明は難しいものだ。妻だけの訴えで、裁判所に認めさせて夫を有罪に持っていくのはなかなか困難である。「法律は家庭にはいらず」という建前がある以上、妻の体調が悪いのに、むりやり性行為に挑んだという程度では罪にはなりにくいのである
そういう観点からいけば、夫婦間の強姦罪は罪としては成立するものの、実際に立証するのは比較的困難といっていいのかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670314

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト