MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 健康

薬の飲み方
【東京雑学研究会編】

§水以外で薬を飲むとどうなるのか?

薬を服用する場合、ほとんどの人は、指示どおり「水または白湯」で飲むことだろう。しかし、ときには手近にあるお茶の残りや、あるいはジュースで飲みくだす人もいるかもしれない。飲んでしまってから気にするぐらいなら、やはり身体に関わることなので、正しい知識を身につけておきたいものである
ジュースやお茶で薬を飲むのはいけないことなのだろうか。結論を言えば、「いかなる場合も、水または白湯で飲んでおけば、いちばん無難だ」ということである。お茶やジュースに限らず、コーヒー、紅茶、牛乳、アルコールドリンク剤には、タンニン酸、アルコールカルシウムなどの成分が含まれていて、薬と反応し、薬の作用を強めたり、逆に弱めたりすることもあるからだ。
例えば風邪薬の多くにはカフェインが含まれているので、コーヒーや紅茶、アルコールドリンク剤などで服用するとカフェインの過剰摂取となり、頭痛、イライラ、不眠などの副作用の原因になる。
抗生物質カリウム塩剤、鉄剤、下剤などは、牛乳で飲むと吸収が悪くなる。特にテトラサイクリン系の抗生物質は、薬の成分がカルシウムと結合し、吸収が非常に悪くなるので注意したい。
反対に、牛乳で飲んでよい薬に鎮痛剤がある。鎮痛剤は、胃を荒らすので、胃の弱い人には、牛乳で飲むことが勧められる。特に脂溶性の薬は、牛乳と一緒に飲むことで吸収がよくなり、効き目が高まる
塩化リゾチームなどの消炎酵素は、四〇度以下の白湯か水で飲まないと、酵素が死んでしまう。
高血圧の人に処方されるニフェジピンは、グレープフルーツジュースで飲むと、薬の血中濃度が高くなり、効きすぎて血圧が下がりすぎて危険である
時々唾液だけで薬を飲む人がいるが、吸収が悪くなったり、胃が荒れたりすることもあるので、やはりコップ一杯以上のぬるめの白湯で飲むのが、いちばんのお勧めである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670274

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト