MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ウェディング辞典和装 > 種類

黒引き振袖

江戸時代の武家の正式な婚礼衣装で、昭和初期までは、白無垢色打掛よりもよく着られていました。お色直しに用いられることが多い本振袖は、「あなたの家の色に染まりました」という花嫁の心と華やかな喜びを表しています。また、黒引き振袖は、婚礼の後、袖を切って「黒留袖」に仕立て直すことができるため、着物にお金をかけられない人々にも重宝され、主流になっていったようです白無垢色打掛は、「掛下着(かけしたぎ)」と姿が際立ちます。




(著:ファーストステージ)
「ウェディング辞典」
JLogosID : 8018907

【お隣キーワード】筥迫(はこせこ)  懐剣(かいけん)  引き振袖  色打掛  
【辞典内Top3】 持ち出し金  サムシングニュー  教会とチャペルの違い  


関連辞書

婚活事典 雪野むつみのエステ事典 

関連書籍

 「ウェディング辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト