MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ウェディング辞典挙式 > 神前式

三三九度の作法

三三九度の正式な作法は、まず大中小の三段重ねの杯のうち、いちばんちいさい小盃(一の杯)を新郎が両手で取り、お巫女さんに御神酒を三回に分けて注いでもらい、それを新郎が、軽く二回盃に口を付け三度目に飲み干す。そのあと、新婦が同じ手順を繰り返す。 次に、中盃(二の杯)は、今度は新婦の方から先に両手で盃を取り、小盃(一の杯)の時と同じように三度に分けて飲み干す。 そして最後に、大盃(三の杯)を新郎が両手で取り、同様に三度で飲み干し、その後新婦も三度に分けて御神酒を飲み干す。




(著:ファーストステージ)
「ウェディング辞典」
JLogosID : 8018857

【お隣キーワード】嫁入り  婿入り  玉串奉奠とは  カトリックとプロテスタント  
【辞典内Top3】 持ち出し金  サムシングニュー  教会とチャペルの違い  


関連辞書

婚活事典 雪野むつみのエステ事典 

関連書籍

 「ウェディング辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト