MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都市部 > 西東京市

木彫彩色三十番神神像(付 厨子)
【もくちょうさいしょくさんじゅうばんじんしんぞう つきずし】

東京都西東京市にある像。西東京市下保谷3-11-17福泉寺内。三十番神は、日蓮宗において1ヵ月30日間、三十柱の神々が番代わり日蓮宗の僧侶・寺院・信徒を守護するとされた神社。1868年の神仏分離令により、下保谷村の村鎮守三十番神も廃止されて天神社となったが、その神像は密かに別当寺であった福泉寺に移され、今日まで保存されている。江戸時代後期頃の作で、下保谷村における近世末期までの村鎮守信仰の伝統を伝えている。西東京市の指定文化財




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5704536


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト