MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 文京区

樋口一葉終焉の地
【ひぐちいちようしゅうえんのち】

文京区西片1-17-8

東京都文京区にある史跡。文京区西片1-17-8。明治の小説家であり歌人の樋口一葉(1872-1896年)の旧居跡。1894年この地に移った。うなぎ屋の離れで、6畳2間と4畳半の3間。庭にはがけの湧水で造られた池があったとされる。「にごりえ」「大つごもり」「たけくらべ」「ゆく雲」「十三夜」などの作品を残した。樋口一葉は結核のために24歳で亡くなり、現在この場所には平塚らいてうの筆による記念碑が建っている。文京区指定史跡。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703295


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト