MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 文京区

高村光太郎旧居跡
【たかむらこうたろうきゅうきょあと】

文京区千駄木5-22-8

東京都文京区にある史跡。文京区千駄木5-22-8。詩人であり彫刻家の高村光太郎(1883-1956年)の旧居跡。1912年から第二次大戦の空襲によって花巻市に疎開する1945年まで住んでいた場所。高村光太郎は東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学、「明星」に短歌を発表し、その後1906年欧米に留学した。1911年に洋画家を志す長沼智恵子と出会い、1914年に詩集「道程」を発表、同年に智恵子との生活を始める。1941年「智恵子抄」を刊行した。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703135


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト