MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 大田区

燈籠台石(東海道常夜燈)  

東京都大田区にある文化財大田区大森西5-2大森三輪公園内。江戸時代後期、東海道を通行する人の目印として、大森村を中心とした富士講の人々により建てられた常夜燈。もともと谷戸の交番付近(大森中1-18付近)に建てられていたが、東海道が第一京浜国道として建設されたため移転を余儀なくされた。台石正面の彫刻は、富士山が庚申の年に出現したという伝説を表わしている。大田区指定文化財(有形文化財)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700652


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト