MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC生活 > 防災

防災の日
【ぼうさいのひ】

防災の日

1960年(昭和35年)政府により9月1日を「防災の日として制定。またこの日を含む1週間を「防災週間」としている。
1923年(大正12年)9月1日に、190万人が被災、10万人以上が死亡あるいは行方不明になったとされる関東大震災が発生した日であるとともに、暦の上で雑節のひとつとされる二百十日にあたり、台風シーズン迎える厄日とされている。
1959年(昭和34年)、この時期にあたる9月26日、伊勢湾台風によって戦後最大の被害(全半壊・流失家屋15万3,893戸、浸水家屋36万3,611戸、死者4,700人、行方不明401人、傷者3万8,917人)を被ったことが契機となり、地震や風水害等に対する心構え等を育成するため、1960年(昭和35年)に創設された。
防災の日(防災週間)は、「防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事」がおこなわれる。
2013年は、政府ではマグニチュード9クラスの巨大地震を想定した訓練を実施する予定。警視庁は都内の主要幹線道路120ヵ所で大規模な交通規制訓練を行う。
その他地方公共団体、企業、団体などでも様々な訓練やイベント行われる




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425491


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト