MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

かんぽの宿
【かんぽ・の・やど】

日本郵政株式会社が運営する宿泊施設

200710月の郵政事業の民営化までは、簡易生命保険法に基づき加入者向けの福祉施設として設置されていた。郵政事業の民営化によって、一般の旅館やホテルと同様に誰でも宿泊できる宿泊施設となった。

従来は、保養センターや加入者ホームと呼ばれ、全国各地に設置されている。

もともと収益を目的とする事業でないため客室単価が安く設定され、赤字は毎年40億円に達する。郵政事業の民営化から5年以内に廃止または譲渡されることが決まっているため、2008年4月に公募を行い、オリックス不動産が約109億円で落札した。

日本郵政が「かんぽの宿」をオリックスに一括譲渡を決めたことについて、譲渡の認可をする総務省の鳩山邦夫大臣は真っ向から反対している。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425423


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト