MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

渡り
【わたり】

退職した国家公務員天下り繰り返すこと

その国家公務員が所属していた省庁が天下り先をあっせんするため、公益法人などに再就職を繰り返しながら、その都度、退職金を受け取ることができる。

公務員制度改革の一環として2007年に改正された国家公務員法では、天下りのあっせんについては官民人材交流センターに一元化し、省庁による再就職のあっせんを禁止した。一方、同法の施行に合わせて2008年12月に閣議決定した「職員の退職管理に関する政令」によると、3年間の経過期間における再就職のあっせんは原則で禁止されているものの、例外規定として2回目以降のあっせんを認めている。

自民党の渡辺喜美議員は、渡りに関する麻生太郎首相あての質問状を持って首相官邸を訪れたが、受け取りを拒否された。渡辺議員は、離党も辞さない構えを示している。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425422


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト