MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

保険用語辞典保険の仕組み >

一時払い・全期前納
【いちじばらい・ぜんぜんのう】

 保険料を一括して支払う方法として、「一時払い」と「全期前納」があります。「一時払い」とは、保険期間を通じて保険料を支払うことをいいます。この場合、途中で解約しても残りの期間の保険料も返還されません。
「全期前納」とは、年払い保険料を全期間分まとめて支払うことで、毎年、年払い保険料が充当されていきますので、途中解約すると残りの期間の保険料(未経過保険料)が返還されます。
全期前納の方が未経過保険料が戻るという面では有利ですが、一般的に返戻率は一時払いの方が有利です。




保険評論家:佐藤立志 (著:佐藤立志(故))
「保険用語辞典」
JLogosID : 5165071


【辞典内Top3】 P建て・S建て  保険業法300条  附合契約  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 保険評論家:佐藤立志「保険用語辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト