MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

フィギュアスケート用語スケート技術 > スケーティング

エッジ
【えっじ】

Edge

ブレードが氷に接する部分のこと。スケート技術的に説明する際に最も重要な言葉である。同じ足の運びに見えても、乗るエッジが違えば異なるジャンプステップになる。フィギュアスケートブレードは長い方向を上下に見ると、左右両端の間がUの字の溝になっており、両端はとがっている。このとがった部分がエッジである。足の内側をインエッジ、外側をアウトエッジと呼び、足の左右と滑走方向のフォアバックで8つの組み合わせができる。クリーンエッジに乗り、ブレードを限界まで倒して体重を乗せ切ることができ、なおかつその加減を自由にコントロールできることが重要である理想的には滑った跡(トレース)が一本の線になっているのが望ましいエッジの使い方が上手いと摩擦によるロスが少ないので、1回のストローク(蹴り)で進む距離が長くなる。氷上での動きがより自由にコントロールできるので、スケーティングそのものだけでなく演技の質も向上する。ISUの規定ではなるべく1つのエッジに乗った状態で滑走する事が望ましいとされている。なお、2つのエッジに同時に乗っている状態はフラットと言う。




Ea,Inc. (著:監修:伊藤みどり氏)
「フィギュアスケート用語事典」
JLogosID : 14645016


【辞典内Top3】 ウェルバランス  デスドロップ  ステッピングアウト  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 Ea,Inc.「フィギュアスケート用語事典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト