MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

フィギュアスケート用語スケート技術 > ジャンプ

アクセル
【あくせる】

Axel

ジャンプの名称。正式名称アクセルパウルゼンだが、単にアクセルと呼ばれる場合が多い。唯一前向き踏み切るジャンプ。選手にとっては跳ぶ時に最も怖さを感じるジャンプである。左足のフォアアウトから、フリーレッグを前方に振り上げてそのままアウトエッジ踏み切る。着氷は他のジャンプと同様、後ろ向きなので半回転多く回る事になる。ダブルアクセルは2回転半、トリプルアクセルは3回転半。1882年にノルウェーのアクセルパウルゼン(Axel Paulsen)がスピードスケートの靴で初めて成功させた。半回転のものはスリージャンプ(あるいはワルツジャンプ)と呼ばれて区別される
ジャンプの見分け方参照




Ea,Inc. (著:監修:伊藤みどり氏)
「フィギュアスケート用語事典」
JLogosID : 14645003


【辞典内Top3】 ウェルバランス  デスドロップ  ステッピングアウト  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 Ea,Inc.「フィギュアスケート用語事典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト