MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

都市データパック(市章)四国地方 > 愛媛県

伊予市
【いよ】

【由来】成務・天智天皇の代に伊豫国政庁が置かれ、伊豫皇子が官舎を設けたとされる地域の中心地であった伊豫に由来。
【日本一】削り節(花かつお)の生産、日本で初の「夕日」でまちおこし
市役所】 799-3193  伊予市米湊820 TEL:089-982-1111
【URL】 http://www.city.iyo.lg.jp/
【市章の由来】「い、よ」の文字をモチーフに豊かな緑や海などの自然や太陽、人々が未来へ躍動する姿を「無限大∞」のフォルムに重ね合わせて表現。「ひと・まち・自然が出会う郷」新伊予市がさらに発展、飛躍していく姿をシンボライズしました。
伊予市の基本情報はこちら
伊予市の出身者情報はこちら
伊予市の特産・イベント・観光情報はこちら




東洋経済新報社 (著:)
「都市データパック(市章)」
JLogosID : 8509529

【お隣キーワード】西条市  大洲市  四国中央市  高松市  
【辞典内Top3】 石巻市  加須市  呉市  

この辞典の個別アプリ

都市データパック
東洋経済新報社の発行する「都市データパック2012年版」を厳選収録した特別編集版アプリ。全国各市区の実力がわかります。

関連辞書

東京辞典 日本全国おみやげ辞典 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東洋経済新報社「都市データパック(市章)」

出版社:東洋経済新報社[link]
編集:
価格:0
収録数:809
サイズ:--(-)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト