MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

都市データパック(市章)関東地方 > 神奈川

小田原市
【おだわら】

【由来】諸説あるが、文献への地名の初見は14世紀初頭。冷泉為相の私家集『藤谷和歌集』の中に「小田原」の記載があり、春の小田原近辺の農村的情景が詠まれている。
【日本一】桜花漬、近世城郭(小田原城、石垣山一夜城)
市役所】 250-8555  小田原市荻窪300 TEL:0465-33-1302
【URL】 http://www.city.odawara.kanagawa.jp/
【市章の由来】小田原市は昭和15年(1940年)に市制を施行しました。翌昭和16年に市の紋章を定める当たりデザインの公募を行い、応募作品の中から小田原商業学校(現県立小田原総合ビジネス高等学校)絵画部のデザインによるものを採用しました。紋章は古くから梅の名所として知られ、また漁業も盛んな美しい海を持つ小田原の地方色を出すため、波がらで梅の花を形づくったものです。
小田原市の基本情報はこちら
小田原市の出身者情報はこちら
小田原市の特産・イベント・観光情報はこちら




東洋経済新報社 (著:)
「都市データパック(市章)」
JLogosID : 8509271

【お隣キーワード】茅ヶ崎市  逗子市  藤沢市  平塚市  
【辞典内Top3】 水俣市  佐世保市  西之表市  

この辞典の個別アプリ

都市データパック
東洋経済新報社の発行する「都市データパック2012年版」を厳選収録した特別編集版アプリ。全国各市区の実力がわかります。

関連辞書

東京辞典 日本全国おみやげ辞典 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東洋経済新報社「都市データパック(市章)」

出版社:東洋経済新報社[link]
編集:
価格:0
収録数:809
サイズ:--(-)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト