MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワイン手帳アメリカ > カリフォルニア

アメリカ(カリフォルニア)ワインの基礎知識

アメリカ合衆国ワインは栽培面積・生産量ともにフランスの半分程度で、その9割をカリフォルニアが占めるカリフォルニアワインの歴史は18世紀にスペインの宣教師たちが聖餐に必要なワインをつくるためぶどうの木を植えたのが始まりといわれ、19世紀にはゴールドラッシュの影響も受けてワイン産業が発達した。19世紀後半から20世紀にかけては、フィロキセラの発生と禁酒法という2つの災難に襲われワイン産業は衰退する。しかし1960年代からルネッサンス始まり、1976年にはフランスとのブラインド対決でナパのワインがみごと勝利を得る。以来、カリフォルニアワイン対する世界的な評価が高まっていった。

温暖な地中海性気候に恵まれたカリフォルニアは、寒流の影響も受けて快適な環境に保たれ、海に近い冷涼な西側エリアに高級ワイン産地が集中する傾向がみられる。とりわけ海岸に沿った最北部のノースコースト地方のソノマ地区とナパ地区は知名度も高い。

品種別では栽培面積でみると白はシャルドネ、赤はカベルネ・ソーヴィニヨンが最も多く、ついでメルロー、カリフォルニア独自の品種ジンファンデル、ピノ・ノワールなどが追い上げている。地中海と類似した気候パターンもあって、シラーやグルナッシュなど南フランス系品種もよく育つ。全体にアルコール度数が高めのワインが多い傾向がみられるが、豊かな果実味もともなう凝縮感のある味わいは、強烈でパワフルという印象よりは、むしろ穏やかに感じられるものも少なくはなく、酸味とのバランスもとれたカリフォルニアならではリッチな魅力を感じさせてくれる。




東京書籍 (著:熊野 裕子)
「ワイン手帳」
JLogosID : 8538801

この辞典の個別アプリ

ワイン手帳
フランスを中心に106種類のワインを収録。産地別の構成で、各産地の基礎知識をはじめ、銘柄の品種、ボリューム感、渋み、価格の目安がひと目でわかるアプリ。

【辞典内Top3】 レルミタ(L’ermita)  シャトー プピーユ(Ch.Poupille)  シャトー ラネッサン(Ch.Lanessan )  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 すし手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「ワイン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:熊野 裕子
価格:1,512
収録数:106
サイズ:17x10.3x1.4cm(-)
発売日:2010年6月
ISBN:978-4487804252

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト