MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典1章 現代の道おもしろ知識 >

道路延長距離
【どうろえんちょうきょり】

道路の延長距離が日本一長い県は?

道路は日本の隅から隅まで、まるで体内を流れる毛細血管ごとくに、網の目のように張り巡らされている。とはいえ、人口に過疎と過密があるように、道路にも過疎と過密地域がある。道路の密度は都市部で高く、山岳地帯や農村、山村地域で低いことは、常識的に考えれば誰にでもわかることである
では、都道府県で道路の延長距離が日本一長いのはどこだろうか。いうまでもなく北海道である北海道はほかの都府県と比べてズバ抜けて大きく、面積は約八・三万km2と日本の総面積の実に二二%を占めている。道路の延長距離が日本一(八万六八三三km)であるのは当然のことといえる。
面積の順では岩手県が二位、福島県が三位となるのだが、道路の延長距離となるとそうはいかない。両県とも人口密度が低く、従って道路の密度も低い。第二位は延長距離五万四九一四kmの茨城県なのだ。茨城県は県域の大部分が関東平野にあり、東京のベッドタウンとして都市化も著しい。山岳部が少ないので、道路が建設しやすいということもあるのだろう。面積は六〇九四km2で北海道の一三分の一にも満たないが、道路の延長距離北海道の六三%にもなる。次いで、三位が愛知県(四万七七八四km)、四位長野県(四万六六〇六km)、五位埼玉県(四万五八三七km)の順である
反対に、延長距離が日本一短いのは沖縄県(七五〇七km)で、鳥取県(八二七四km)、香川県(九六一九km)、佐賀県(一万七三km)、福井県(一万一九四km)と続くが、いずれの県も面積が狭く、人口も少ない。ちなみに東京都の道路延長距離は二万三三一四km、大阪府は一万八〇四八km。道路の密度は高いのだが、何せ面積が狭い。なお、ここでいう道路とは、道路法による「一般交通の用に供する道」をいい、林道や農道などは含まない。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060001


【辞典内Top3】 道路の総延長  橋の長さ  掘割式道路  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト