MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

自分のさまざまな呼称の「私」

[男女を問わず、目上の人に対して、または少し改まって自分を言うときの語]私(わたくし)・私共(わたくしども)・此方(こちら)・此方(こなた)・自分(じぶん)・手前(てまえ)・手前共(てまえども)
[男女を問わず、一般に自分を言うときの語。「わたくし」のややくだけた言い方]私(わたし)・私(あたくし)
[男性が自分と同等ならびに同等以下の者に対して]僕(ぼく)
[主として男性がややぞんざいに言うとき]俺(おれ)・己(おれ)・己(おら)・己等(おいら)
[主として男性が同等ならびに同等以下の者に対してやや尊大に言うとき]私(わし)・儂(わし)・己様(おれさま)・俺様(おれさま)・乃公(だいこう)・我(わ)が輩(はい)・吾(わ)が輩(はい)・我(われ)・吾(われ)・我儕(わなみ)・吾儕(わなみ)
[主として女性がややくだけた言い方で自分を言うとき]私(あたし)
[主として職人や下町の男性が]私(あっし)・私(わっし)・私(わっち)・此方(こち)人(と)・此方(こち)人等(とら)
[主として東京の下町の女性が用いたくだけた言い方]私(わたい)・私(あたい)
[自分をへりくだって]手前(てまえ)・手前(てめえ)・僕(やつがれ)・下名(かめい)・野拙(やせつ)・拙(せつ)・野生(やせい)・拙生(せっせい)・CID(7638)生(うせい)・CID(7638)拙(うせつ)・寒生(かんせい)・愚生(ぐせい)・不肖(ふしょう)・不敏(ふびん)・犬馬(けんば)・小生(しょうせい)・生(せい)・小弟(しょうてい)・小子(しょうし)
[老人が自分をへりくだって]愚老(ぐろう)・老生(ろうせい)
[若い女性がへりくだって]小妹(しょうまい)・少妹(しょうまい)
[自分を卑下して]戯奴(わけ)
[自分を誇って]鼻様(はなさま)
[少々ふざけ自分を誇って]鼻坊(はなぼう)
[公務員が公の場で自分をへりくだって]小職(しょうしょく)・小官(しょうかん)
[僧侶がへりくだって]愚僧(ぐそう)・拙僧(せっそう)・愚禿(ぐとく)
[武士がへりくだって]拙者(せっしゃ)・拙子(せっし)・拙子(せっす)・拙下(せっか)
[武士が同輩や同輩以下の者に対して]身共(みども)・身(み)・我(われ)・吾(われ)・我等(われら)・吾等(われら)
[武士が同輩や目上の者に対して]某(それがし)・某(なにがし)・何某(なにがし)・己(おのれ)
[主に武士が目下の者に対して]此(こ)の方(ほう)・此方(こち)
[江戸時代、遊女・芸妓などが]私(わちき)
[江戸時代、女性が自分をへりくだって]妾(わらわ)
[主として公家の男女が上下を問わず]麿(まろ)・麻呂(まろ)
[身分の高い武士などが]余(よ)・予(よ)
[君主に対して自分を言うとき]臣(しん)
[天皇や王が]朕(ちん)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381601


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  「努力」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト