MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

春夏秋冬の「水・露・霜」

[元旦に汲んで、お供え・洗面・飲料に使うめでたい]若水(わかみず)・初若水(はつわかみず)・若井(わかい)
[元旦に海から汲んで神に供える]若潮(わかしお)
[雪解けや降雨による豊かな]春(はる)の水(みず)・春水(しゅんすい)
[春先に霜解けや雨水などでできるどろんこ道]春泥(しゅんでい)
[陸に起こる蜃気楼]逃(に)げ水(みず)
[雪解けの]雪水(ゆきみず)・雪代(ゆきしろ)・雪代水(ゆきしろみず)・雪汁水(ゆきしるみず)・雪消水(ゆきげみず)・雪汁(ゆきしる)
[春の増水]桃花水(とうかすい)
[春の霜]忘(わす)れ霜(じも)・遅霜(おそじも)・晩霜(ばんそう)・別(わか)れ霜(じも)
[山中の湧き水。その水たまり]泉(いずみ)
[山渓や野道に見かける湧き水]清水(しみず)・岩清水(いわしみず)・山清水(やましみず)・苔清水(こけしみず)
[露が多い]露(つゆ)けし
[時雨(しぐれ)の後のように露が一面に降りている]露(つゆ)時雨(しぐれ)
[露が凍って霜になる]露霜(つゆじも)・水霜(みずじも)
[秋の澄んだ水。また、澄み渡った水の流れ]秋(あき)の水(みず)・秋水(しゅうすい)
[台風や長雨による洪水]秋出水(あきでみず)
[稲が実り、田水を落として田を干す]落(お)とし水(みず)
[澄んでいるが、暗く重い冬の]冬(ふゆ)の水(みず)・寒泉(かんせん)
[降雨量が少なく水が涸(か)れる時期]渇水期(かっすいき)
[寒中の]寒(かん)の水(みず)・寒水(かんすい)
[雨が地表・草木などに凍結した]雨氷(うひょう)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381544


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト