MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

主に文章で記す意の「述べる・叙べる」

[文章に書き記す]記述(きじゅつ)
[順序だてて]叙述(じょじゅつ)
[順序だてて記録する]叙録(じょろく)
[順序だてて論じる]叙論(じょろん)
[文章でのべ説明する]叙説(じょせつ)
[のべてある事柄]所述(しょじゅつ)
[繰り返し]CID(7693)述(るじゅつ)
[前にのべた]前述(ぜんじゅつ)・上述(じょうじゅつ)・先述(せんじゅつ)・叙上(じょじょう)・前掲(ぜんけい)
[前にのべた通り]如上(じょじょう)
[後で]後述(こうじゅつ)
[余分な部分を除いて]刪述(さんじゅつ)
[要点だけを]略述(りゃくじゅつ)
[詳しく]詳述(しょうじゅつ)・縷述(るじゅつ)・縷陳(るちん)・具陳(ぐちん)
[文章などの叙述の方法]叙法(じょほう)
[普通の語順で文章を書く]平叙(へいじょ)
[並べて書く]列叙(れつじょ)・列記(れっき)
[風景を文章や詩に書き表す]叙景(じょけい)
[自分に関することを]自叙(じじょ)
[ありのままに]直叙(ちょくじょ)
[事実をありのままにのべ記す]叙事(じょじ)
[戦い・事件などを客観的にのべた詩]叙事詩(じょじし)
[感情をのべ表す]抒情(じょじょう)・叙情(じょじょう)
[作者の情感を主題としてのべた詩]抒情詩(じょじょうし)・叙情詩(じょじょうし)
[先人の業績を受け継いで学問を進め]祖述(そじゅつ)・継述(けいじゅつ)・紹述(しょうじゅつ)
[先人の説をのべ伝えるとともに新説をたてる]述作(じゅっさく)
[書物を書き著す]著述(ちょじゅつ)・著作(ちょさく)・CID(7716)述(せんじゅつ)・述作(じゅっさく)・作述(さくじゅつ)
[資料を集めて著述する]纂述(さんじゅつ)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381459


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト