MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

歴史からみた「田畑」

[上代、私有を認められた]私田(しでん)・私田(わたくしだ)
[国家に直属した]公田(こうでん)・公田(くでん)
[田租を決める等級分けの最上の]上田(じょうでん)
[田租を決める等級分けの中程度の]中田(ちゅうでん)
[田租を決める等級分けの最下等の]下田(げでん)
[田地に課する税]田賦(でんぷ)・田租(でんそ)
[律令制で田租の義務のある]輸租田(ゆそでん)
[田租を免除された]不輸租田(ふゆそでん)
[公領・荘園の賦課単位となった]名田(みょうでん)
[中世、年貢を取ることができた]得田(とくでん)・徳田(とくでん)
[中世、年貢・課役の対象となった]定田(じょうでん)
[荘園制下で年貢だけを出した]一色田(いっしきでん)
[賃租された]賃租田(ちんそでん)
[中世、年貢・諸役の対象外の]除田(じょでん)
[荘官に与え、年貢や課役を免除した]間田(かんでん)・余田(よでん)・免田(めんでん)
[律令制下、賃貸料を取って耕作させた]地子田(じしでん)・輸地子田(ゆじしでん)
[律令制下で荒廃した]不堪佃田(ふかんでんでん)・不堪田(ふかんでん)
[幕府・諸藩の検地帳に記載されている]本田(ほんでん)・古田(こでん)
[律令制下、人民に分けた]班田(はんでん)・班田(あかちだ)・口分田(くぶんでん)
[律令制下、位階に応じて与えた]位田(いでん)
[律令制下、官職によって与えた]公廨田(くがいでん)・公廨田(くげでん)・職田(しきでん)・職田(しょくでん)・職分田(しきぶんでん)・職分田(しょくぶんでん)
[親王・内親王に与えられた]品田(ほんでん)・品位田(ほんいでん)
[律令制下、畿内にあって皇室の用にあてた]官田(かんでん)・供御田(くごでん)
[国造(くにのみやつこ)に支給した]国造田(こくぞうでん)
[律令制下、駅ごとに支給した]駅起田(えききでん)・駅田(えきでん)
[律令制下、采女(うねめ)を出した郡に与えた]采女(うねめ)田(でん)・采女(うねめの)肩布(ひれ)の田(た)
[古代に一代限りの所有を認めた]一身田(いっしんでん)
[平安時代の鎮守府のための。また、明治の屯田兵の]屯田(とんでん)
[内職に耕し、自分の収入とした]外持(ほま)ち田(だ)
[位田・職田・口分田などにあててなお余った]乗田(じょうでん)・剰田(じょうでん)・公乗田(こうじょうでん)
[荘園領主などの直営の]正作田(しょうさくでん)
[荘園内の]荘田(そうでん)・荘田(しょうでん)・庄田(しょうでん)
[荘園の領主や主君から与えられた土地]給田(きゅうでん)・給地(きゅうち)
[律令制下、功労者に与えた]功田(くでん)・功田(こうでん)・大功田(だいこうでん)
[律令制下、功労者に。また、別勅によって与えた]賜田(しでん)・別勅賜田(べっちょくしでん)
[平安時代、窮民救済のため諸国に設けた]救急田(きゅうきゅうでん)・賑給田(しんごうでん)・CID(15154)急田(しゅうきゅうでん)・賑救田(しんきゅうでん)
[平安時代、学問奨励のためにあてた]学田(がくでん)・学料田(がくりょうでん)・勧学田(かんがくでん)・勧学料田(かんがくりょうでん)
[平安時代、健児(こんでい)の食料にあてた不輸租田]健児田(こんでいでん)
[律令制下、節婦に与えた不輸租田]節婦田(せっぷでん)
[奈良・平安時代、射騎奨励のための不輸租田]射騎田(しゃきでん)・射田(しゃでん)
[律令制下、被害を受けて収穫減となった]損田(そんでん)・不熟田(ふじゅくでん)
[班田制で地味が悪く、隔年、または、数年おきに耕作することを認められた]易田(えきでん)・易田(やくでん)・片荒(かたあ)らし・休(やす)み田(た)
[江戸時代、逃散などで耕作者がいなくなった]散田(さんでん)
[中世、近世において、隠して税を納めない]隠田(おんでん)・隠田(いんでん)・隠(かく)し田(だ)・忍(しの)び田(た)・隠(しの)び田(た)・隠地(おんち)
[新たに開墾した田]初田(はつた)・新田(しんでん)・新田(あらた)
[新たに田を開墾すること]新治(にいばり)・新墾(にいばり)・新墾治(あらきはり)・新治(にいはり)・新墾(にいはり)
[新たに開墾した土地]新墾(あらき)・新開(あらき)・荒開(あらき)
[律令制下、新たに開墾した田地]墾田(こんでん)・墾田(はりた)・私墾田(しこんでん)・治田(ちでん)・新墾田(あらきだ)
[平安時代、勅旨によって開墾された皇室領]勅旨田(ちょくしでん)
[江戸時代、村が主に開発した新田]村請新田(むらうけしんでん)
[江戸時代、開墾に適する土地を見立てて、許可を得て新たに開発した]見立新田(みたてしんでん)
[江戸時代、代官所の負担で開発した]代官見立新田(だいかんみたてしんでん)
[町人が請け負って開発した]町人請負新田(ちょうにんうけおいしんでん)
[江戸時代、開発して新たに作った田畑・屋敷地などの称]新田(しんでん)・新開(しんかい)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381384


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト