MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

不安・うれえるの意からみた「心配」

[悪いことなどが起こらないかと気にかかること]心配(しんぱい)
[心配する]憂(うれ)える・愁(うれ)える・案(あん)ずる・案(あん)じる・不安(ふあん)・思案(しあん)・憂(うれ)い・愁(うれ)い・軫憂(しんゆう)・軫念(しんねん)・虞(おそ)れ
[気に掛かる]気掛(きが)かり・心懸(こころが)かり・気遣(きづか)わしい・心置(こころお)き
[気に掛ける]介意(かいい)
[物事を気に掛けてくよくよする]屈託(くったく)
[深く思案する]慮(おもんぱか)る
[気に掛かって不安に思う]恐(おそ)れる・惧(おそ)れる・懸念(けねん)
[心配し心を痛める]心痛(しんつう)・痛心(つうしん)
[深い]深憂(しんゆう)・幽愁(ゆうしゅう)
[うれいわずらう。大きな]憂患(ゆうかん)
[心配して思案する]憂慮(ゆうりょ)
[心配事が多く心が晴れない]憂鬱(ゆううつ)
[心配そうな顔をする]憂色(ゆうしょく)・愁色(しゅうしょく)・愁眉(しゅうび)
[うれい悲しむ]憂戚(ゆうせき)・憂愁(ゆうしゅう)・憂傷(ゆうしょう)
[うれい苦しむ]憂苦(ゆうく)・愁苦(しゅうく)・煩憂(はんゆう)
[心配してもだえ苦しむ]憂悶(ゆうもん)
[うれい憤る]憂憤(ゆうふん)
[不安で心細い]頼(たよ)り無(な)い・頼(たの)み少(すく)ない・覚束無(おぼつかな)い・心許無(こころもとな)い
[心配し恐れる]危惧(きぐ)・危懼(きぐ)
[非常に心配する]寒心(かんしん)
[後になって生じる]後患(こうかん)・後憂(こうゆう)
[同じように心配している人]同憂(どうゆう)
[この上もない大きな]大患(たいかん)・大憂(たいゆう)
[内部または国内の]内患(ないかん)・内憂(ないゆう)
[外部または外国からの]外患(がいかん)・外憂(がいゆう)
[国の存亡にかかわるような]国患(こっかん)・国憂(こくゆう)・国難(こくなん)
[国の現状や将来を]憂国(ゆうこく)・憂世(ゆうせい)・慨世(がいせい)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381296


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト