MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

様態からみた「霧・霞・靄」

[春、微細な水滴が浮かんで空がはっきりしない]霞(かすみ)
[秋の霞の現象]霧(きり)・狭霧(さぎり)・細小(いさら)波(なみ)
[低くたちこめる細霧・煙霧]靄(もや)
[薄くたなびいた霞]薄霞(うすがすみ)
[薄くかかった霧]薄霧(うすぎり)
[薄くかかった靄]薄靄(うすもや)
[一条の霞]一霞(ひとかすみ)
[濃い霧]濃霧(のうむ)・ガス
[霧が深いさまをしぐれにたとえて]霧(きり)時雨(しぐれ)
[雲と霞]雲霞(うんか)・雲霞(くもかすみ)
[雲と霧]雲霧(うんむ)・雲霧(くもきり)
[雲や霞の集まりたなびくさま]靄靄(あいあい)・靄然(あいぜん)
[煙と霞]煙霞(えんか)・烟霞(えんか)
[煙と霧]煙霧(えんむ)・スモッグ
[群れたつ霞]群霞(むらかすみ)
[たちこめた霧]大霧(たいむ)・濃霧(のうむ)・蒙霧(もうむ)・朦霧(もうむ)
[水蒸気が凝結して霧のようにたちこめる]氷霧(ひょうむ)・氷霧(こおりぎり)
[緑色をした霞]翠霞(すいか)
[小雨に似た霧]雨霧(あまぎり)
[霧のように細かな雨]霧雨(きりさめ)・霧雨(きりあめ)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381195


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト