MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 人間関係の毀誉褒貶

傍若無人
【ぼうじゃくぶじん】

傍に人無きが若し」と読む。まるで、そばに誰もいないかのように、無遠慮にふるまうこと。秦の始皇帝のころ。荊軻という男がいた。読書と剣術を好み、諸国を遊歴した。燕の国へ行き、琴の名手と仲良くなった。二人は日ごと市中に出かけ、琴を弾き歌って楽しんでいたが、荊軻がいよいよ明日、秦へ行って始皇帝を暗殺しようとした夜、感傷が極まってともに泣いた。まるでそばに誰もいないかのように。すなわち、人の思惑も気にせず、思いのまま素直にふるまうさま。これが横紙破りの無作法をいうように変わってきた。
『史記』刺客・荊軻。
眼中無人。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373694


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  光陰流水  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト