MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 事業経営は創業守成

風林火山
【ふうりんかざん】

何事に対処するにも、時機、情勢に適応し、敏速に行動したり、静止して情況の推移を見守ったりする臨機応変ポイントをいう。孫子の有名な兵法のことば。「其ノ疾キコト風ノ如ク、其ノ徐カナルコト林ノ如シ。侵掠スルコト火ノ如ク、動カザルコト山ノ如シ。知リ難キコト陰ルガ如ク、動クコト雷震フガ如シ」から要約された。武田信玄は、この四字を特に重んじ、軍旗に大書して”孫子の旗”と称した。この旗を各部将に持たせ、陣頭に押し立てて進撃したことは名高い。現在、山梨県の雲峰寺と恵林寺に残っている。紺絹の地に金糸で「風林火山」と縫い出している。
『孫子』軍争、『淮南子』兵略訓。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373157


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト