MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 女性讃美の美辞麗句

比翼連理
【ひよくれんり】

夫婦の情愛のきわめて深いさまを、ぴたりと決めた名文句。「天に在らば比翼の鳥、地にあらば連理の枝」でたとえた。比は並ぶこと。比翼の鳥とは、雌雄がいずれも一目一翼で、常に翼を並べて飛ぶ鳥。連理の枝は、幹は二本でも枝が一つに連なっている木。歴史上最高のロマンスといわれる玄宗皇帝と楊貴妃が、七夕の夜、長生殿で永久に夫婦であることを誓った言葉として唐の詩人白楽天がうたった詩の一節。
白居易「長恨歌」。「詞中ニ誓ヒ有リ両心ノミ知ル。七月七日長生殿、夜半人無ク私語セシ時、天ニ在リテハ願ハクハ比翼ノ鳥ト作リ、地ニ在リテハ願ハクハ連理ノ枝ト為ラント」。
相生の松。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373048


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  光陰流水  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト