MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 女性讃美の美辞麗句

西施捧心
【せいしほうしん】

むやみに人真似をして、失笑をかう。人のまねをして、失敗するたとえ。また、相手をもち上げ、自分も”あなたのまねをしたい”と謙遜すること。西施の”顰に効う”ということ。捧は、抱く。西施の心を抱く。西施のような気分になる。顰は、顔をしかめるさま。春秋時代の末、越王・勾践が呉王・夫差に絶世の美女西施を献じた。ある時、西施がからだをこわし、帰省して養生することになり、胸が痛むのでそっと手をあて眉を顰めて歩いた。すると、さすがは天下の美人、その姿に村人もただうっとりするばかりであった。これを見た村の娘たちは、自分もああして歩けば美しく見えると思い、争ってまねをした。ところが、村でも評判の醜女までが、顔をしかめて歩き回った。村中、これにびっくり仰天。門を閉ざし、男たちは村から逃げ出したという話。
『荘子』天運。
猿まね。鵜のまねをする烏。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373031


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト