MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 女性讃美の美辞麗句

万緑一紅
【ばんりょくいっこう】

北宋の文人宰相王安石(一〇二一~一〇八六)の「石榴ヲ詠フ詩」で有名になった秀句「万緑叢中紅一点、人ヲ動カスノ春色、多キヲ須ヒズ」を略したもの。一面緑なす草叢に、ただ一輪紅い花が美しく咲き誇っているさま。転じて、多くの男性(草叢とはひどいが)の中、ただ一人目立つ女性(花)”紅一点”をいう。また一般に広く、衆目をあつめる美人をたとえる。
『臨川先生文集』。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4372999


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト