MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

沙羅双樹
【さらそうじゅ】

【意味】インド北部原産の常緑高木。高さ三〇メートルに達し、淡黄色の五弁花が咲く。
【用例】沙羅双樹は釈迦の入滅を悲しんで色あせたというが、桜花の散りゆくのを眺めて人の世の無常を感じた古人も多い。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」の一節は、『平家物語』冒頭の名文句として、人口に膾炙している。
【出典】『大般涅槃経』中
【参考】釈迦が入滅した場所の四方に、この木が二本ずつ植えられていたという伝説からこの名があり、入滅の際に、四方の一本ずつが枯れたという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560454

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  筋肉隆隆  物心両面  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト