MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典人名 > 人名

志賀直哉
【しがなおや】

1883〜1971

小説家。宮城県生まれ。東大中退。内村鑑三に師事、のち、武者小路実篤らと雑誌『白樺』を創刊。無駄のない簡潔な文体は大正・昭和の多くの文学者に範とされ、「小説の神様」といわれた。代表作に『城の崎にて』『小僧の神様』『暗夜行路』など。1949年文化勲章




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450816

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト