MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > 自然と人間

帰りなんいざ田園将に蕪れなんとすなんぞ帰らざる

名言名句
帰りなんいざ田
園将に蕪れなんとすなんぞ帰らざる
【解説】
少年時代から美しい自然の風景に親しんでいたが、生活のために官吏となり、やがて辞官の決意をする。「既に自ら心を以てからだのしもべと為す/なんぞ惆悵として独り悲しむや」と続く。
美しい田園が待っている。都会の喧燥と意のままにならぬ宮仕えを捨てて、自然のふところに帰ろう。生活のために自分の理想に反して仕官してしまった。過ぎ去ったことを悔やんでもしかたがない。これから人生の正しい進路をとるのだ、という決心をうたった。
【作者】陶淵明
【生没年】365~427
【職業】中国の文人
【出典】帰去来の辞』
【参考】陶淵明は東晋の末期の人。一度|桓玄に廃された安帝が劉裕によって復位した四〇五年、陶淵明は八月に県令となり、十一月には職を辞している。安帝は劉裕の傀儡にすぎず、十五年後の四二〇年、東晋は滅びる。陶淵明は田園で暮らし、二度と仕官しなかった。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450343

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト