MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典2成功 > 成功へとつながる道

智はときに深く秘せられねばならない

名言名句
智はときに深く秘
せられねばならない
【解説】
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉の陣に、織田信長が本能寺で死んだ、という報が届く。秀吉の軍師黒田官兵衛は「殿が天下をとられる千載一遇の好機」と進言した。
「この一言は、官兵衛の生涯をあやまったといっていい。官兵衛は智がありすぎ、その智を若さが、つい誇り顔に舌の端にのせてしまった智はときに深く秘せられねばならない」と、司馬遼太郎は書く。
官兵衛の智をおそれた秀吉は、功あるにもかかわらず重く用いることをしなかった。
智をひけらかす者は、現代の社会でも敵をつくることが多い。智はもつべきだが、深く底に秘めて悟られないようにすることが、処世術の要だ。凡俗は消化不良の智をひけらかしたがるものだが、人目にはこれほど「滑稽」と映るものはないことを心にとめておきたい。
【作者】司馬遼太郎
【生没年】1923~96
【職業】作家
【出典】『新史太閤記』




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450191


【辞典内Top3】 智に働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だとかくに  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト