MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

私は歩み去ろう今こそ消え去って行きたいのだ透明のなかに永遠のかなたに

名言名句
私は歩み去ろう
今こそ消え去って行きたいのだ透明のなかに永遠のかなたに
【解説】
短編小説『心願の国』の最後を飾る言葉。
大空に舞い上がる雲雀の姿を見て、「あれは僕ではない。だが、僕の心願の姿にちがいない。一つの生涯がみごとに燃焼し、すべての刹那が美しく充実していたなら……」とつづる。
原民喜は、この『心願の国』を書き終えた翌日、鉄道自殺した。
【作者】原 民喜
【生没年】1905~51
【職業】作家
【出典】『心願の国』
【参考】原民喜は、原爆被災の経験を生活と文学の中枢に据えた作家である。原爆の地獄の火炎のかなたに透明な世界を見たのである。その境界を過ぎる自分自身の肉体も魂も透明になる世界をである。苦悩も肉体の痛みもすべて透明の中に溶け込む。ただ、その透明な空間の比重は確実に重くなるにちがいない。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450152

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト