MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

故事ことわざの辞典時と自然 >

十年一昔
【じゅうねんひとむかし】

【解説】十年もたつと社会を構成する人々も、人情も、家並みすっかり変わってしまい、十年前ははるか昔のようだということ。世の中の移り変わりの速さをいったことば。
同義語十年たてば一昔。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「故事ことわざの辞典」
JLogosID : 5551304


【辞典内Top3】 秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる  生者必滅会者定離  櫓三年に棹八年  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト