MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

故事ことわざの辞典世間・世の中 > 時機や機会

機に因りて法を説け
【きによりてほうをとけ】

【解説】仏教の真理を説く場合、機会に応じた適切な説き方をすべきだということから、臨機応変の処置をとれという意味。
類義語人を見て法を説け




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「故事ことわざの辞典」
JLogosID : 5550820


【辞典内Top3】 生者必滅会者定離  良禽は木を択ぶ  向こう三軒両隣  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト